FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サイトのコンテンツを追加

今日は単にお知らせだけです。

このブログの母体である

サイト『アクセス向上対策と検索エンジン最適化(SEO)はこれで委員会?!

に久しぶりにコンテンツをアップしました。

内部SEO対策として,

見出し

を取り上げました。

私自身も経験がありますが,Web制作初心者は「見出し」の使い方を間違ってしまうものです。そういう初心者の目線でコンテンツをまとめ上げました。目新しい内容はありませんが,初心者に分かりやすく書いたつもりです。

SEO初心者による初心者のための情報です。


2009年11月16日

東雲の星@SEO初心者




にほんブログ村 IT技術ブログ SEO・SEMへ
にほんブログ村 ★応援よろしく!


スポンサーサイト

テーマ : SEO対策
ジャンル : コンピュータ

理想的なタイトル要素

内部SEO』について考えています。その中でももっとも重要と言われている【タイトル要素】について,その理想的な『サイトタイトルページタイトル』の条件を絞り込んでみました。

◎タイトル全てが表示されるように,全角32文字以内が安全,できれば25文字以内にする

◎「■」などの無意味な記号で文字数を無駄にしない

◎タブ表示を意識して,先頭の10文字くらいでサイト・ページの全体像・内容が分かるようにする

◎そのためにも,重要な言葉をできるだけ「前」に持ってくる

◎ページタイトルは「|」などで区切って【◎◎◎◎◎|サイト名】のようにし,同時に全角32文字を越えないようにする

◎そのためにも,ページタイトルの分も考慮して,サイトタイトルの文字字数を可能な限り短くする


となりました。

その根拠は? これが重要です。

詳細については

サイト編【アクセス向上対策と検索エンジン最適化(SEO)はこれで委員会?!】の『内部SEO対策

をご覧下さい。

ところで,

条件を検証する過程で,『アクセス向上対策と検索エンジン最適化(SEO)はこれで委員会?!』はサイトタイトルとしてはOKでも,ページタイトルに付記するには不適当であることが分かりました。サイトタイトルだけは今更どうしようもありません。涙涙です。(;_:)


2009年10月08日

東雲の星@SEO初心者




にほんブログ村 IT技術ブログ SEO・SEMへ
にほんブログ村 ★応援よろしく!


テーマ : webサイト作成
ジャンル : コンピュータ

検索結果の語数が増えている?!

今日気がついたのですが,グーグルのスニペット(検索サイトの検索結果ページで表示される検索の際のキーワードが含まれるテキスト)が増えたように思うのですが,以前からこうだったでしょうか。

つい1~2週間前にスニペットに何文字表示されるのかを検証するために数えた際は【全角で118文字】だったと思うのですが…。

今日数えてみると,いろいろな種類の文字が混在しているではっきりとはしませんが,「倍以上」あり,行数は5行になっています。先日まで3行だったと思うのですが。

勘違いですかね???


2009年10月07日

東雲の星@SEO初心者




にほんブログ村 IT技術ブログ SEO・SEMへ
にほんブログ村 ★応援よろしく!


続きを読む

サイトタイトルの重要性

この数日,サイト版【アクセス向上対策と検索エンジン最適化(SEO)はこれで委員会?!】の『内部SEO対策』の具体的なコンテンツとして「サイトタイトル」について,専門書を読みネットを検索し自分なりの考えをまとめようとしています。

今はその途中なのですが,

 ◎鈴木のホームページ
 ◎鈴木の部屋
 ◎鈴木の休憩室

のような何がテーマのサイトなのか皆目分からないサイトタイトルを無頓着に付けている(あるいは,付けようとしている)初心者の方々のために,

なぜサイトタイトルが重要なのか

について,重要な理由を思い付くまま列挙しておきます。

★ブラウザーのタイトルバーに表示される

★タブブラウザーのタブに表示される

★ブラウザーの「お気に入り」に表示される

★検索結果に必ず表示される ⇒ 検索エンジンが最重要視している

★サイト名そのものが検索のキーワードになり得る

★ユーザーはサイト名でサイトのテーマや内容を推測する

★サイト名はユーザーの記憶に固有名詞として刻印される

★ユーザー間の情報交換ではURLに加えてサイト名が主に使われる


具体的にリストアップすると上記のようになるのではないでしょうか。

これを基にサイトタイトルを具体的にどうするべきか,その方向性を考えているところです。(これは各ページタイトルにも当てはまることです)

その内容は近いうちにサイトの方に具体的なコンテンツとしてアップ致します。

SEO初心者による初心者のための情報でした。


2009年10月05日

東雲の星@SEO初心者




にほんブログ村 IT技術ブログ SEO・SEMへ
にほんブログ村 ★応援よろしく!



テーマ : webサイト作成
ジャンル : コンピュータ

Googleは「キーワード・メタタグは無視」と明言

2009年9月21日,グーグルの≪Webmaster Central Blog-English≫に次のような記事が投稿されました。

記事タイトル:Google doesn’t use the keywords meta tag in web ranking

http://googlewebmastercentral.blogspot.com/2009/09/google-does-not-use-keywords-meta-tag.html

これはメタタグの【keywords】のことで,
【meta name="Keywords" content="keyword01,keyword02,keyword03" /】
のように記述する箇所のことですね。

「グーグルはメタタグのキーワードは使わない」というタイトルです。

これでやっぱりそうか,と思っている人が多いと思います。SEO入門者の私は毎日のようにSEOに関わることをネット検索していますが,プロのウェブデザイナーの方々が「キーワードは重要視されない/もう参照していないようだ/書く必要はない」などと言及されていることと合致します。

グーグルはそれを明言,ある意味,宣言したわけです。

記事は,前振りの後,Q&A形式で続きます。

Q: Does Google ever use the "keywords" meta tag in its web search ranking?
A: In a word, no.
・・・省略・・・
Our web search (the well-known search at Google.com that hundreds of millions of people use each day) disregards keyword metatags completely. They simply don't have any effect in our search ranking at present.

質問:グーグルは検索ランキングにおいてメタタグのキーワードを使うことがありますか。
回答:一言で言うと「ノー」。グーグルは「キーワード」を完全に無視(disregard)。現在,「キーワード」はランキングに何ら影響を与えていない。

次の質問です。

Q: Why doesn't Google use the keywords meta tag?

使わない理由を聞いています。

A: About a decade ago, search engines judged pages only on the content of web pages, not any so-called "off-page" factors such as the links pointing to a web page. In those days, keyword meta tags quickly became an area where someone could stuff often-irrelevant keywords without typical visitors ever seeing those keywords. Because the keywords meta tag was so often abused, many years ago Google began disregarding the keywords meta tag.

回答は書籍やネット上にあるように,無関係なキーワードを大量に埋め込むといった「乱用」だと述べ,「キーワード」を無視するようになったのは何年も前だとあります。

3つ目の質問は

Q: Does this mean that Google ignores all meta tags?

「キーワードメタタグ」を無視すると言うことは,他の全てのメタタグも無視するということなのか。

A: No, Google does support several other meta tags.

否定した後,

This meta tags page documents more info on several meta tags that we do use. For example, we do sometimes use the "description" meta tag as the text for our search results snippets, as this screenshot shows:

使用例として「description」メタタグを挙げています。検索結果を表示するスニペットとして利用する“ことがある”と述べています。

「・・・ことがある」であって,「いつもそのように使っている」とは言っていません。

補足:スニペット=グーグルなどの検索サイトにおいて,個々の検索結果のタイトルの直下に表示される「検索語が含まれる(しばしば,複数の抜粋された)テキスト」のこと。

Even though we sometimes use the description meta tag for the snippets we show, we still don't use the description meta tag in our ranking.

しかし,その「description」メタタグもランキングには使っていないとのこと。


Q: Does this mean that Google will always ignore the keywords meta tag?

最後の質問:これからも常に「キーワード」を無視するということなのか?

A: It's possible that Google could use this information in the future, but it's unlikely. Google has ignored the keywords meta tag for years and currently we see no need to change that policy.

将来使うことはあり得ることではあるが,その可能性は低いと述べ,

さらに

グーグルは何年も前から「キーワード」メタタグを無視してきたが,今のところその方針を変える必要はないと考えている

と述べています。


少なくとも,この記事によって,グーグルは「キーワード・メタタグ」を使っていないことは明確になりました。従って,ネット上の「無視する傾向にある」とか「あまり重要視していないようだ」などのあやふやは状態は解消されました。

これからは,だれかに教えてあげる際は,

「グーグルは何年も前から無視してきたし,これからもしばらくの間はその方針を変えない」

とはっきりと説明してあげればよいですね。

さて,「内部SEO対策」に興味があるみなさんは,これから「キーワード・メタタグ」の扱いをどうされますか。

私は使っていきます。(^.^)

東雲の星@SEO初心者


にほんブログ村 IT技術ブログ SEO・SEMへ
にほんブログ村 ★応援よろしく!




続きを読む

テーマ : SEO対策
ジャンル : コンピュータ

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

東雲の星

Author:東雲の星
サイトを構築しながら,同時進行でSEOを勉強している趣味レベルのウェブデザイナーです。ここはそのブログ編という位置づけです。

にほんブログ村 IT技術ブログ SEO・SEMへ
にほんブログ村

最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
コンピュータ
10163位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
Webサイト作成
467位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。