FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

URL 削除ツール

robots.txt】の役割・書式をネットで調べている時に新たな情報に出くわしました。

インデックスされたURLを削除したい場合に使えるツールがあるというものでした。

2009年10月1日の記事『サイトマップ作成ツール』において

「実際には存在しない<URL>を勝手に生成することがある」

と書きました。私は今はサイトマップを作成するのにソフトを使っていますが,別のサイトをリニューアルする際に最初はオンラインツールを使いました。

これが原因で存在しないファイルがインデックスされていることが今回調べてみて分かりました。送信する前に修正したつもりだったのですが,気がつかなかったURLがあったということです。

これに加えて,リニューアルでフォルダの移動などがあり一部リンク切れなども発生しており,その箇所がインデックスされています。

サイトマップを修正し再送信したのですが,今日現在まだ修正されていないことを確認しました。

そこで【URLの削除リクエスト】を行ってみることにしました。このツールは,グーグルの『ウェブマスターツール』を使います。このウェブマスターツールは利用価値が高いですから,未登録のサイトオーナーは是非ユーザー登録しておきましょう。

今日までこのツールの場所がどこにあるのかも知りませんでしたが,実際にやってみると作業は簡単です。

リンク切れを起こしている場合は,リンクを修正するか,インデックスを削除するか,適した方を選択して実行しておくのがユーザビリティという観点からもサイトの信頼性という観点からも良さそうです。

『リンク切れ』はウェブマスターツールに自分が登録したサイトの

「ダッシュボード」 → 「クロールエラー」 → 「見つかりませんでした」

をクリックすると「詳細」を確かめることができます。

SEO初心者による初心者のための情報でした。


2009年10月03日

東雲の星@SEO初心者




にほんブログ村 IT技術ブログ SEO・SEMへ
にほんブログ村 ★応援よろしく!


スポンサーサイト

テーマ : webサイト作成
ジャンル : コンピュータ

robots.txt を作成&送信

サイトを構築しながらアクセス向上とSEO対策の勉強と検証を行っている【アクセス向上対策と検索エンジン最適化(SEO)はこれで委員会?!】では,検索エンジン用のサイトマップを作成し送信しました。

次の作業としてクローラーに「サイトマップはここにありますよ」と通知する【robots.txt】に挑戦です。【robots.txt】はクローラーのアクセスを制御する役割があるようですが,今回やる作業は『オートディスカバリー機能』を利用するために【robots.txt】が新しく仰せつかった機能のようですね。

参考資料:Webmasters Can Now Auto-Discover With Sitemaps

早速,やってみました。全ての検索ロボット(クローラー)に通知するのが前提です。

*******************************************
User-Agent : *
Sitemap: http://seo.sakuraweb.com/sitemap.xml

*******************************************

ネット上の情報を基にしてこのように記述してみました。

1行目は「全てのクローラーを受け入れます」という意味。(*はすべてのクローラを表します)
2行目が「サイトマップはここにありますよ」という意味。

ここでちょっと疑問が出てきました。

サイトマップの場所だけを教えるのに,「User-Agent : *」は必要なのでしょうか

次のパターンではどうでしょうか。

*****************************************
User-Agent : *
Disallow : /images/
Disallow : /css/
Sitemap: http://seo.sakuraweb.com/sitemap.xml

*****************************************

1行目は「全てのクローラーを受け入れます」という意味。(*はすべてのクローラを表します)
2行目は「[images]フォルダは登録して欲しいファイルはないから見なくていいですよ」という意味
3行目は「[css]フォルダは登録して欲しいファイルはないから見なくていいですよ」という意味
4行目が「サイトマップはここにありますよ」という意味

この場合はどうなのでしょうか。

記述しても問題ないと思い,上記のようにしましたが,ネット上で検索しても明瞭な情報は得られませんでした。みなさん付記した書式で解説されていますので,付けた方がよい,もしくは付けるべきなのでしょうか。

明確なルールがあれば教えていただけると有り難いです。

SEO初心者による初心者のための情報&疑問でした。


2009年10月02日

東雲の星@SEO初心者




にほんブログ村 IT技術ブログ SEO・SEMへ
にほんブログ村 ★応援よろしく!



テーマ : webサイト作成
ジャンル : コンピュータ

サイトマップ作成ツール

サイトオーナーが比較的簡単にできる「インデックス対策」の1つに,検索エンジン用の【サイトマップ/sitemap.xml】があります。

検索エンジン用サイトマップというのは,サイト内の全ページへのリンクを集めた一覧ファイルです。ユーザビリティを高めるために設けるユーザー用のサイトマップとは異なり,こちらは”人間用”としては使い物になりません。

さて,このサイトマップですが,手書きでも書式さえ守れば作れます。しかし,サイト内のウェブページ数が多くなると,普通は何らかのサイトマップ作成ツール(サイト or ソフト)を利用した方が現実的です。

そこで,ネット上のあちこちに紹介されているオンラインツールの中から,「登録の必要なし+無料+できれば日本語ツール」という条件で調べてみました。そして,複数のサイトやブログでプロのウェブデザイナーを称する人たちによって共通して紹介されている10ほどに絞り込みました。

私は単にその情報を掲載するだけでは物足りないので,実際に自分のサイトを対象にサイトマップを作成して「使用感」の比較をやってレポートしようと思いました。

本来ならばここでその結果をお知らせすると伴にツールの具体的な情報を明記したかったのですが,意外な結果が出てしまい具体的な名前を挙げての情報の提供は躊躇します。

その意外な結果とは,

1.実際には存在しない<URL>を勝手に生成することがある
2.URLの一部に意味不明の文字列が入ったリストができることがある
3.更新頻度・優先度のオプションが実際には機能しない
4.ツールによって生成するURLの数が異なる

5.リンク切れのURLも含めてしまう

などの問題が発生するものが結構あります。(もっとも,[5]の項目は元々はこちらに責任があるのでツールの所為ではありません)

念のために申し添えますと,これらの現象はウィンドウズヴィスタとXPの環境および複数のブラウザーで確認しました。

[1]は大問題です。しかも,複数のオンラインツールで確認しました。

有りもしないファイル名(URL)を勝手にいくつも作るのですから,近い将来に「404 Not Found」のエラーになるファイルをインデックスさせてしまう結果になります。

[2]は,こちらの問題なのか,ツールの問題なのか分かりませんが,複数のツールで確認しました。

[3]は,手作業で修正可能です。「検索と置換」機能があるソフトがあれば大した問題ではないでしょう。

[4]は,最大で約2倍の違いがありました。これも大きな問題ですね。この種のツールには「リストアップ漏れ」が起こる可能性があるということでしょう。実際,その種の注意を付記しているツールもありました。


[5]は,前述しましたようにこちらの問題ですが,ツールによっては「リンク切れチェック機能」が付いたものがあるので,できればそういうツールで作成した方がより安心感があると思います。

私が数時間かけて試し検証した範囲内では,結局,[1]と[2]と[4]のトラブルがどれも発生しないオンラインツールは見つかりませんでした。

これらの問題点を,サイトマップを作成した後に正確に検証するのはウェブページの数が多いと難しく,これでは一体どれを信じて良いのかも現時点で私自身分かりませんので,オンラインツールの紹介は止めておきます。

興味のある方はご自身で検証してみて下さい。

サイトマップ作成に関する情報は,サイト版【アクセス向上対策と検索エンジン最適化(SEO)はこれで委員会?!】の『サイト構築メモ』も合わせてご覧下さい。

※安心して使えるオンラインツールがあれば教えて下さい。

SEO初心者による初心者のための情報でした。


2009年10月01日

東雲の星@SEO初心者




にほんブログ村 IT技術ブログ SEO・SEMへ
にほんブログ村 ★応援よろしく!


テーマ : webサイト作成
ジャンル : コンピュータ

FC2 Blog の Googleサイトマップ

FC2 Blogの「公式Q&A」を見ていたら【Googleサイトマップ】に関する記述を見つけました。

Q . Googleサイトマップに登録できますか?

A.お客様の「ブログのURL」+「sitemaps.xml」をつけるとサイトマップファイルがありますのでこちらのURLをGoogleサイトマップでご利用ください。

例)http://fc2support.blog333.fc2.com/sitemaps.xml


とあります。

私の場合ですと,≪http://mywebseo.blog83.fc2.com/sitemaps.xml≫となります。

ちょっと綴りに注意ですね。<sitemap>ではなく<sitemaps>で複数形になっています。

登録するには

Google Webmaster Central】にある「ウェブマスターツール」を利用します。

アクセス向上対策と検索エンジン最適化(SEO)はこれで委員会?!』という観点からは,ヤフーにしろグーグルにしろ,ユーザー登録をしてIDを取得しておくとも諸々のサービスが受けられるので何かと便利です。

SEO初心者による初心者のための情報でした。


2009年9月29日

東雲の星@SEO初心者




にほんブログ村 IT技術ブログ SEO・SEMへ
にほんブログ村 ★応援よろしく!


グーグルにインデックスされました!

今日開設したところなのに,数時間でグーグルインデックスされました。(^.^)

早いですね。ブログはサイトよりもインデックスされるのが早いとは聞いていましたが,その日の内にクローラーが来てデータベースに登録されるとは予想していませんでした。

インデックスされたことが分かる画像


ところで,私が「インデックス」という言葉を知ったのはSEOの勉強を始めた春頃です。しかし,その頃は意味が十分には分かっていませんでした。サイトを構築するにあたり,そういう自分が戸惑ったようなこともコンテンツとして取り上げていっています。何しろ“初心者による初心者のためのSEO対策”を目指していますから。


 ※「インデックス」の意味を知るにはこちらのページにアクセスして下さい。


東雲の星@SEO初心者




にほんブログ村 IT技術ブログ SEO・SEMへ
にほんブログ村 ★応援よろしく!


カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

東雲の星

Author:東雲の星
サイトを構築しながら,同時進行でSEOを勉強している趣味レベルのウェブデザイナーです。ここはそのブログ編という位置づけです。

にほんブログ村 IT技術ブログ SEO・SEMへ
にほんブログ村

最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
コンピュータ
10163位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
Webサイト作成
467位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。